シェアハウス住人の日記

とあるシェアハウス住人の日記。シェアハウス要素のない日記も多め。キャンプ初心者。休日はお出かけ派。逆流性食道炎で、お酒を控えて「腹八分目」を実践中。

ワクチン4回目

先日、新型コロナの4回目のワクチンを受けてきた。

正直、7月にオミクロンに感染済みなので、今回のワクチン(オミクロン対応タイプ)は不要かなと思った。

rainsound.hatenablog.com

他方、各国の水際対策緩和なども受け、プライベートや仕事で海外に行く機会が増えそうであることを考慮し、せっかくなら4回打った証明を示せるようおにしておいた方がいいかもしれないと思い、接種を決めた。

今回は、土日が忙しい時期に予約をしたので、平日の夕方ワクチンを打つことになった。具体的には、水曜日の夕方にワクチンを打ち、副反応のピークが夜の間に過ぎて、翌日は意外と動ける...という状態であればいいなと思っていた。

16時半過ぎに、事前に記入を済ませた問診票をもって接種会場へ。本人確認や問診を受けた後、ぶっすり注射(モデルナ)。その後、15分休んで退場と、全体で30分程度しかかからず、あっという間に終わった。

ちなみに、ワクチンを打ち終えた後、せっかく平日の夕方フリーなので、映画を見て帰ることにした。今回はRRRというインド映画を見た。

rainsound.hatenablog.com

この映画、3時間あるのだが、見終わるころ(ワクチン接種から5時間経過)には、すでに注射をした左腕が痛くなっていた。さらにそこから自宅に帰宅すると、倦怠感が強まり、猛烈に疲れた感じがしたのでさっさと床に就いた。

ちなみにこのあと、当初の期待むなしく、翌朝まで副反応が続き、翌日午前は仕事を休んだ。熱は平熱より少し高い程度で済んだが、筋肉痛と頭痛がひどく、これで仕事をしたら確実に何かをやらかすだろうなあという感覚だった。

今回はモデルナを打ったので副反応がしっかり出たが、ファイザーを打った人はここまでしんどくなかったよう。実際、接種会場でもらった説明にも、暗にモデルナのほうが副反応が重いことが書かれていたので、肌感覚だけではなく、事実としてもそうなのかもしれない。

ともあれ、ワクチン翌日の不調を乗り越えた後は、完全に元気になった。また、このタイミングでやっとマイナンバーカードを受領したので、これを機にワクチン証明も発行した。あとは、これを使う機会を待つのみ(あるのかな笑)。