シェアハウス住人の日記

とあるシェアハウス住人の日記。シェアハウス要素のない日記も多め。キャンプ初心者。休日はお出かけ派。逆流性食道炎で、お酒を控えて「腹八分目」を実践中。

寒い日のナイトルーティーン

今週のお題「防寒」とのこと。最近朝晩の冷え込みがきつくなってきたと感じる。

といいつつ、出勤はもちろんだが、買い出しやヨガレッスンなどで日没後に外を歩く機会は多い。この寒さをいかにして乗り越えようか...。

手っ取り早いのは温かい服を着ることなのだが、それ以外に行っていることを3点シェアしたいと思う。3点は夕方~夜にかけて行うもので、もはや週2~4のナイトルーティーンと化している。

ホットヨガ

かれこれ1年以上続けているホットヨガ。教室は引っ越しにあわせて買えてしまったが、どちらもよがをするとめちゃめちゃ体が温まる。

寒いところにいると体が凝り固まりやすくなるが、そのかたまりもほぐされるので一石二鳥(ただし、凝り固まっているときのストレッチはとても痛い)。

私の様に、逆流性食道炎もちでも気兼ねなくできる運動なので、大変おすすめだ。

逆流性食道炎のお話は以下からどうぞ。

人生初胃カメラを受けた話 - シェアハウス住人の日記

温泉とサウナ

ヨガのあと、施設内の温泉でしっかり汗を流すようにしている。体が温まるし、浴槽に入ると水圧でマッサージされて疲れが取れやすいらしい(生体の先生に言われた)。

それから、温泉のわきにあるサウナもときどき利用。5分だけでも入ると、帰り道がどんなにさむくても体がポカポカする。

ただ、運動をして汗をたくさん書いた後なので、水分をこまめに補給しながら利用すること必須。特に、サウナは疲れ気味の時や脱水気味の時はお休みし、温泉だけでしっかりあたたまってから帰るようにしている。

チャイを飲む

帰宅後、夕食後に最近恒例となっているのが、チャイを飲むこと。

カルディで買ったチャイはとてもおいしいし、スパイスで体が温まるのでお勧めだ。

www.kaldi.co.jp

逆流性食道炎もちなので、就寝2時間前までに飲み終えることだけが注意点。

ポカポカ就寝

そんなこんなで、だいたい上の3点をセットで行うことが多い。このセットをこなした夜は本当に体が温まり、寒さに悩むことなくベッドに潜れる(しあわせ~)。

ぜひ寒さに悩んでいる方、一度お試しあれ。