シェアハウス住人の日記

とあるシェアハウス住人の日記。シェアハウス要素のない日記も多め。キャンプ初心者。休日はお出かけ派。逆流性食道炎で、お酒を控えて「腹八分目」を実践中。

私がメタルを聞くようになった経緯

彼氏と付き合う前に、いろいろおしゃべりをしたのだが、その中で最も驚かれたのは、私がよく聞く音楽がメタルであるということである。

元からメタルをよく聞く人間だったわけではなく、むしろ、最初はあんなやかましい曲...と思って避けていた。なんなら、大学時代の先輩にめちゃくちゃメタルが好きな方もいらしたが、おすすめを聞くこともしなかったし、何ならその人が好きなバンドも知らない。

そんな私がなぜメタルを聞き、よく聞くようにまでなったのか、それを今回はまとめてみたい。

きっかけはSpotify

まず、最初にメタルを聞くきっかけになったのは、Spotifyだった。

Spotifyには、Discover Weekly という機能があり、週ごとにおすすめの曲をまとめたプレイリストが作成される。

新型コロナで在宅勤務が増えた結果、私はSpotifyでニュースを聞いたり、お気に入りのプレイリストを聞いたりしていたのだが、飽きてくるとDiscover Weekly を聞き、新しいお気に入りの曲がないか探していた。

そうした中で、たまたまそのプレイリストにメタルが入ったのだった。

アレンジされたメタルを聞いてメロディにはまる

SpotifyのDiscover Weekly でメタルに出会ったわけだが、最初からメタルを聞いたわけではない。メタルに限らず、ゲーム音楽やJ-POPにも当てはまるが、私はそれをオーケストラバージョン(歌詞なし)にアレンジしたものを聞いた。厳密にいうとオーケストラではなく、電子音も入っているのかもしれないが、とにかく、原曲ではなく、アレンジされた曲を最初に聞いた。

このアレンジがうまく、原曲のメロディは遺しつつも、やかましさは抑えられ、代わりに雄大さが加わって、私がもろ好きなタイプの曲調になっていたのだった。

原曲を聞いたら、意外とやかましくなかった

Discover Weeklyで、アレンジされたメタルを聞き、そのメロディが気に入った私は、原曲を聞いてみることにした。この時点では、原曲がメタルとは知らず、むしろゲーム音楽か何かかと勘違いしていた。

原曲がメタルだったことを知って最初は驚いたが、聞いてみると、意外と歌詞が聞き取れるしやかましくない。しかも、メロディ自体は好きなので、仕事をしながらでも聞けるような気がした。

それまで、メタル=何言ってるかわからないくらい叫んでいるだけ、という雑な先入観を持っていたが、実際に聞いてみるとそんなことはなかったのだった。百聞は一見に如かずというが、百聞は一聴に如かずだなあと思った。

私がハマったバンド

そんな経緯でメタルを聞くようになったのだが、まだ聞き始めて1年ということもあり、基本的には引き続きSpotifyのおすすめ経由で新曲に出会う、ということが多い。

とはいえ、よく聞くバンドもあって、例えばサバトの曲は頻繁に聞いている。メタルのジャンルには詳しくないが、パワーメタルというものに分類されるらしい。むしろ、上述のアレンジされたメタルはサバトンの曲だったこともあり、メタルを聞くきっかけになったバンドともいえる。

www.sabaton.net

ちなみに、上述の原曲とアレンジされた曲、というのは以下のような例がある。

▼原曲

open.spotify.com

▼アレンジ(シンフォニックバージョン)

open.spotify.com

きっかけはどうあれ、気分が上がったり、作業に集中しやすくなるような音楽に出会えると嬉しい。

興味があれば、毎週月曜日のDiscover Weeklyの更新、そしてサバトンなどメタルもぜひ聞いてみてほしい。