シェアハウス住人の日記

とあるシェアハウス住人の日記。シェアハウス要素のない日記も多め。キャンプ初心者。休日はお出かけ派。逆流性食道炎で、お酒を控えて「腹八分目」を実践中。

王様ランキングを一気見した

新型コロナ療養中から見始めたアニメの視聴録第2弾。

第1弾は、パリピ孔明だったが、今回は打って変わって、一見おとぎ話のような絵が特徴的な「王様ランキング」についてふれたい。

osama-ranking.com

なお、視聴前に友人から「新型コロナで頭回らなくても、受け身で見てシンプルに楽しめるアニメ」とのコメントを事前に貰っていた。

あらすじ

生まれつき耳が聞こえず、口もきけない王子が主人公。王位継承者だったが、王位を弟が継承してしまったショックから、旅に出る。

旅の途中、ある事件をきっかけに、冥府の師匠に教えを請い、技術を磨く。その後、母国の危機を受け、帰国の途に就く。

感想

まず、全体的な感想としては、いい意味で、絵と最初の1話に騙されてはいけないアニメだと思った。主人公の境遇から、人の心の痛みがわかる人が優しい王になるストーリー化と思ったが、そういう側面もありつつ、でもちょっと違う話の進み方をしていく。

個人的に一番興味深かったのは、その王子の成長過程が、他の人物視点でも描かれること。だいたいは、王子の友人である「カゲ」目線で語られるが、特におもしろいのは、四天王目線で描かれる部分。王と、2人の王子と、王妃と...いろいろな人の命を受けて、時にはジレンマに苦しむことになってしまう四天王の心境に接した時は、こちらも唸らされた。なんとなく、この四天王の視点は、子供というより大人が見て、おもしろさを感じる要素だと思った。

また、デスパーは最初はちょっと変だけど主人公の見方である人...と思わせつつ、最後は、なんだかんだどんな災いをもたらすようになっても弟を救いたいと考えている節があると明らかになる。これが第2シーズンに続く布石になっているのだろうか...。

全体を通じて、基本みんないい人ではあるのだが、全面的な信用はご用心、という影がある作品だった。ちなみに、第1シーズンを見た限りでは、タイトルの「王様ランキング」の真意があまり明かされなかった印象。ここは今後なにか明らかになるのか、または次のシリーズ以降で重要な要素となるのか、気になるところ。

一気見がおすすめ

これは、この作品を薦めてくれた友人から聞いた話なのだが、途中、様々な人の考えや葛藤など、「過程」や「フラグ」部分を多く見せられる部分があり、物語がどう進んでいるのか見えにくくなる場面が出てくる。

これあ、リアタイ視聴するとなかなかにもどかしかったようで、友人は「見るなら一気見委がおすすめだよ」と言っていた。ちなみに、私も中盤、アニメ視聴に飽きてしまったことがあったので、このコメントは的を射ていると思った。

ご興味ある方は、アマゾンプライムでぜひ一気見をされることをお勧めしたい。